Manablick

オーストリアのビオワイン農家に嫁いだ元ピアノ講師、高田マナのブログ

*

渡独してからからの4年間はめまぐるしかった。という事について

      2019/02/13

渡独してからからの4年間はめまぐるしかった。という事について

穏やかな日曜に、海外生活5年目で今までの日々を振り返ってみた

先週の水曜で今回のホイリゲは終わりました。平日は割と静かな日が多かったですが、土日は結構忙しかったので終わってホッとしています。ホッとするのも束の間、これから引っ越しをしなければいけないのでバタバタしそうです。

今日は日曜日。特に何の予定も無かったので、日が沈む前に家の裏にあるワイン畑まで散歩に行きました。何となく一日中靄がかかっていて、夕日にワイン畑が広がりとても気持ちが良い夕方でした。

散歩から帰り、暖かい部屋の中で音楽を聞きながらお茶を飲んで一息していたら、急にドイツに来る直前の事を思い出してしまいました。ドイツに来る直前に良く聞いていた曲をたまたま聞いたからなのですが、あの時(2014年の10月頃)はまだドイツ語も話せなかったし、自分が音楽意外の仕事をするとは思ってもいませんでした。あの時の自分の気持ちや、あの時良く見ていた景色は鮮明に思い出せるのに、その時にはもう戻れないしその時には想像もしていなかった事を色々経験した事が何だか不思議でならないのです。

ドイツ語も話せない上に、将来の明確なプランもないままに衝動に駆られる様にドイツに来てしまったあの時の自分の行動は無謀という言葉以外の何でもない気がします。良く言えば行動力があるのかもしれない。でもあれから色々悩んで音楽以外の道に進む事にして、外国人が自分以外居ない職場で働いて、体力的にも精神的にもキツかったり、人間関係で悩んだりと..。ベルリンに来た頃の私は、漠然とした不安はあったものの、明確にはこれから何が起こるかは知らなかった訳で、その時から今までの事を頭の中で早送りの様に思い返すと、果てしも無い様な、息が切れる様な気持ちに襲われます。はっきり言って戻りたくはないなあ..。

そんな不安なら日本にずっと居れば良かったのかもしれない、と自分でも思ってしまいます。でも日本に居る事の私は常に何かにイライラしていました。自分を変えるには今の状況のままではダメだ、何処か遠くに行かなければ、と言うか行きたいという思いが日々募っていったのです。

↓故郷の景色。この景色はいつ見ても心穏やかになる

sponsored link

ドイツでは素晴らしい人達にも沢山出会える事が出来ました。けれど語学、ビザ、仕事云々といつも本当にハードだった。もう一度書くけれど、ドイツに来たばかりの頃には戻りたくありません。とは言えあのタイミングでドイツに思い切って来てしまって良かった。あのまま日本に居たら、きっと何処かで鬱憤を良くない形で発散せざるを終えなかった気が、何と無くそう思うのです。

日本は私の故郷だけど、日本人だからって日本に住むのが幸せかと言ったらそうでも無いと思うのです。日本が合う人も居れば、そう出ない人もいるのが当然だと思うのです。私が日本に合わなかったのかどうか、良く分からないですが取りあえず日本の生活のテンポは私には早過ぎるのです。テンポとはあくまで街全体(特に都会の)のであり、人が早く動くか(働くか)はまた別問題です。ドイツの職場ではテキパキと働く人が多くてノロい私は年中怒られてました。でも街全体のテンポはのんびりしてる様に感じます。なんでだろう?

↓都会と緑が共存しているのがベルリン。この様な街中の緑にどれだけ癒された事か。

昨年オーストリアに越してからも慣れない土地でやたら不安になったり、この先が心配になったりホームシックになったりと心落ち着く暇があまりありませんでしたが、一年経ってようやく心に余裕が出来でたようです。自分に合う場所を見つけるって随分時間がかかるものなんですね。少なくても私の場合はですが。

ドイツに居た頃には戻りたいとは思わないけれど、全て良い思い出になりました。あんな事があった、あんな馬鹿な事をした、と。あんな大変で悩んでた事も思い出になっちゃうなんて不思議です。

静かな日曜に、静かな景色を見ながら頭の中でこれまでの4年程の事をビデオテープを巻き戻してみたら、言葉にしないと頭がクラクラしてしまいそうな程不思議な気持ちに襲われたのです。まだ(一応)若いけど、たまにはこうやって過去の事を思い出すのも悪くないよね、と思いつつ筆を走らせました(筆じゃないけど)。

 

sponsored link

 - 人生, 人生観, 日本, 海外生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーストリアに引っ越しました

2014年の秋からドイツに住んでいましたが、つい二週間前程にオーストリアに引っ越 …

音楽と私との新しい関係

小さな図書室には会議室の様に机と椅子が並べられてあり、壁一面にぐるりと部屋いっぱ …

どうしようもない私がドイツで生活し始めてしまった話②

Contents1 思い返すと無謀な事ばかりしてました1.1 何がともあれベルリ …

私達の赤ワイン “Zweigelt” が賞を取りました!

私達の赤ワインが賞を取りました!   先日私達の「Zweigelt ( …

ピアノ講師をしていた私がドイツで園芸を学ぶ様になった経由と現在の私の価値観

3年前の今頃、私はまだ日本にいました。そしてピアノ講師として働いてました。下は4 …

ワイン畑で早春を感じる

オーストリアの冬は暖かいと油断していたら、2月の下旬になってドカンと雪が降りまし …

言語によって縛られるということ

Contents1 高校の時、国語の先生に言われた言葉2 海外に住んでみて分かっ …

オーストリアの自家製ワインが飲める、ホイリゲ(Heuriger)ってこんな感じ

数日前からホイリゲが始まりました。今月は3月13日〜25日までの期間で開けていま …

どうしようもない私がドイツで生活し始めてしまった話③

Contents1 ドイツに来て半年経ち、急に音楽の道には進まない事に決めた1. …

ホイリゲ&ワイナリーの日本語版HPが出来ました!

ホイリゲ&ワイナリーの日本語版HPが出来ました! お知らせするのが遅くなりました …