Manablick

高田マナのブログ

*

ドイツのワーキングホリデー

      2014/11/30

ベルリンに来て今週半ばでちょうど1ヶ月が経ちました。節目の週でもあるので、現在私が使用してるワーホリのビザについて書く事にしました。

airplane

 

 

ワーキングホリデーとは

「ワーキングホリデー」とインターネットで調べてみますと、

ワーキング・ホリデー (Working Holiday) とは、二国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。

wikipedia . ワーキングホリデー

との情報が出て来ます。(ドイツの場合は18歳〜31歳の誕生日を迎えるまで申請が可能)

以前のブログにも書きましたが、現在私はワーキングホリデー(以下「ワーホリ」)のビザを使ってドイツに滞在しています。このビザを持っていれば最長12ヶ月滞在する事が出来る上、現地でアルバイトなども出来ます。

 

ドイツもワーホリのビザが取れるという事

ワーホリと聞いてぱっと思い浮かべる国と言えば、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランド辺りではないでしょうか。なぜこの4つの国を挙げたかというと、英語圏の国であり人気が高いのです。意外と知られていないかもしれませんが日本とワーキングホリデーの協定を結んでいる国は12カ国もあるのです。その中にドイツも含まれています。

ドイツワーホリの申請方法

ドイツの場合、ワーホリのビザを申請する際はドイツ大使館に行きます。ただし事前に大使館のウェブサイトから予約を取らなければいけません。その際に必要な書類は以下の6点です。

① 記入済みのビザ申請書

②パスポート用写真(35x 45mm)

*写真に関しては写真自体の大きさは勿論だが、顔の大きさなどの規定が厳しいので写真屋さんに行って撮ってもらうのが一般的である

③日本国パスポート(ビザの有効期限が切れた後、なお3ヶ月以上有効期限の残っているパスポート)

④往復航空券予約の証明書

⑤ドイツでの滞在期間有効な旅行者医療保険

(女性の場合は妊娠時にも適用される保険に加入すること)および旅行賠責任保険

⑥生活費支払い能力の証明(貯金通帳および通帳のコピー。又は金融機関発行の残高証明書)一年間滞在する場合には最低200ユーロ、片道航空券の場合はその2倍が必要)

申請書や、詳細の情報はドイツ大使館のウェブサイトにあります。

申請する際に気づいた事

申請方法を調べると、まず書類を揃えてから大使館の予約を取るというのが一般的な順番だという事が分かりました。揃えなくてはいけない書類の中には揃えるのに時間がかかるものもあるので、その順序が妥当なのだと思います。

sponsored link

なので私も一通りの書類がそろった所で大使館の予約をしようとした所、予約が一ヶ月先まで一杯という状態でした。書類は既に渡航の2ヶ月前には揃っていたのですが、大使館に行ったのは渡航1ヶ月前になってしまいました。後から大使館の人に聞いた所、夏休みの時期だったので予約がいっぱいだったそうです。

なので時期によっては、予約が取りにくい時もあるので事前に空き状態を確認しておくとより安心だと思います。

申請→ビザ発行

私は申請する際は、東京の広尾にあるドイツ大使館に行きました。予約した時間に行き、必要な書類を全て提出しました。係の方は日本人であり、丁寧に対応してくれました。書類に特に不備はなかったので、2〜3日後には出来ているので、取りに来る様にと言われました。2度大使館に足を運ばなくてはならないのは少し大変でしたが、ビザが取れた日はとても嬉しく、その手間さえも苦に感じませんでした。

現地でも申請できるが日本の方が楽

私は日本でビザを取得してからドイツに来ましたが、現地で取得する方法もあります。その際は現地の外国人局に出向いて申請するそうです(これも事前に予約が必要だそう)。上手く行くと、観光ビザ3ヶ月分ワーホリの12ヶ月分、合計15ヶ月現地滞在出来る可能性があります。なるべく長期滞在したい人には良いかもしれません。当初私もその方法でドイツに行こうと考えていたのですが、日本で申請する方がずっと楽な上に安心だと思い、結局日本で取得してから渡独しました。ドイツの外国人局はドイツ語でしか対応してくれない事もあるようなので、語学に自信が無い人は現地のコンサルタントなどに付いて来てもらうか、それか日本で申請してから来る方が無難だと思います。

海外に長期滞在するという事

私はこちらに来て一ヶ月なので、まだ長期滞在とは言えませんが、渡航の準備をしてて思った事は、当たり前ではありますが、旅行の時と準備の量が全然違う事でした。まずはビザが無いと話になりませんが、その他にも荷物の事や日本での仕事をどうするかなど。仕事に関しては、私は渡航ギリギリまで日本でピアノ講師をしていました。会社員として働いている人よりは、かなり自分の都合で動けたので、その点は本当に有り難かったです。それでも、全ての仕事を辞めるという事は、なかなか思い切りが必要ではありました。

ビザの準備を含めて渡航の準備をしていると、いかに今まで自国という場所に甘えて生きていたかが分かりました。日本では、なんとなく周りと同じ様な事さえしておけば無難に生きられた訳ですが、海外に出るとなるとそうでは無い訳です。特に私は一人暮らしをした事がないので、余計にそう感じたのかもしれません。

残りの時間を

色々心配が多かったのですが、今こうして無事にベルリンに入れる事が本当に嬉しいです。そして残りの11ヶ月を大切に使おうと改めて思います。

ビザを申請する際、斡旋会社などを使わずに無事に出来たのは、ワーホリの事を丁寧に書いてくれている様々なブログのお陰でした。インターネットが無ければ出来な事でした。日本と海外の距離を縮めてくれるインターネットの存在は本当に有り難いものだと改めて思うのでありました。

↓この季節、街では徐々にクリスマスマーケットの準備が始められてます。

Nobember Christmas

 

 

 

 

 

 

 

 

sponsored link

 - ベルリン, ワーホリ

Comment

  1. 霜島 麻衣 より:

    高田様

    はじめまして!
    今月末にワーキングホリデービザで渡独予定の者です。
    様々なサイトから情報を得ようと調べていたところ、
    高田さんのこちらのサイトにたどり着きました!

    ひとつひとつ拝見していて、なんだかなぜだか泣きそうになりながら、
    「私も頑張ろう!」と、すごく勇気とパワーを頂きました!
    高田さんの行動力や前向きな姿勢、
    とっても素敵ですね!

    突然のコメントで不審に警戒されてしまうかと思いましたが、
    これから渡独する私にとってはすごく良いサイトと人物と出会えたなーと、
    勝手ながら思い、お伝えしたい!という気持ちから
    こちらの文章を送らせていただいております。

    今後も更新を楽しみにしております☺
    高田さんの毎日に笑顔があふれますように☺

    Mai

    • manatakata より:

      Maiさん
      はじめまして、コメントをありがとうございました。今月末にワーホリでドイツに来るのですね! 私のブログを読んで”勇気をもらった”と言って頂けて何よりも嬉しいです。
      今日はちょうど外人局にビザを貰いに行く日だったのです。緊張して疲れて家に帰ったらMaiさんからメッセージが届いていて、とっても嬉しかったです。これからも色んな事をブログに書いていこうと思っていますので、どうぞ宜しく願いします!!
      渡独まで色々な準備で大変だと思いますが、頑張って下さいね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

どうしようもない私がドイツで生活し始めてしまった話②

Contents1 思い返すと無謀な事ばかりしてました1.1 何がともあれベルリ …

東京からベルリンへの航空券

10月に日本からベルリンへ来る際に、今回私は「ターキッシュエアラインズ」を使用し …

ターキッシュエアラインズを利用して 成田ーベルリン間

前回のブログで、片道航空券を買った経緯などを書きましたが、今回は実際ターキッシュ …

12月のベルリン

ベルリンは雨が多い街なのか、今週は雨ばかり降ります。もう少し寒ければ雪になるので …

ベルリンの語学学校(VHS)

前回のブログで、語学学校に通っている事を書きました。今回は今通っている語学学校に …

ベルリンの語学学校で過ごす日々は刺激的

前回ブログを更新してから3ヶ月ほど経ってしまいました。ここ数ヶ月は、ドイツ語の試 …

どうしようもない私がドイツで生活し始めてしまった話③

Contents1 ドイツに来て半年経ち、急に音楽の道には進まない事に決めた1. …

ベルリンへ

Contents1 ワーキングホリデーでベルリンへ2 ベルリンフィルのランチコ …

音楽の溢れるマウアーパーク

先週末にベルリンのMitte地区にあるマウアーパーク(Maurepark)に行っ …

ベルリンに来て気づいた10の事 

ベルリンに来てまだ2ヶ月弱なので、まだ分からない事だらけです。しかし日本から来て …