Manablick

高田マナのブログ

*

ベルリンの自然と音楽

      2014/10/29

自然の多さ

ベルリンに来て気づいた事の一つに、緑が多いという事があります。公園が多く、街路樹の数も多い。日本の樹々と違って剪定をあまりされていない為、自然のまま大きく育っているのです。幹の太さを見ただけでは樹齢がどれくらいかは分かりませんが、古い木である事は容易に想像がつきます。じっと同じ場所から、長い年月の間色々な時代を見て来たのでしょう。ここがドイツの首都であることを忘れるくらい、どこに行っても樹々が、自然がたくさんあるのです。

IMG_3061

樹々の音

私の寝起している部屋の窓からは、とても大きなカエデの木が見え、その木の葉達は風が吹くとサラサラと、時にはざわざわと音を立てるのです。その音は、フランツ・リストの曲「森のざわめき」(英題 Forest Mumurds)を思い起こさせました。この曲はピアノ独奏曲なのですが、出だしの部分などまるで、森のざわめいてる様に聞こえるのです。私はこの曲自体も美しいけど、題名に(特に英題の方に)昔から惹かれています。古い樹々が残っているヨーロッパの地で、樹々の音を聞くと、もしかしたらリストもこの様な音を聞いていたのかもしれないと思ってしまうのです。その様思うと、不思議と昔の時代を身近に感じられます。

sponsored link

古いものを大事にしている

この地でクラシック音楽が人々に親しまれている理由は様々あるでしょう。素晴らしい演奏家が集まってくる、というのは勿論です。しかしそれだけでなく、古い時代の建物や自然が残っているこの街が、クラシック音楽も自然と人々に受け入れられる空気を作り出している気がしてならないのです。そして音楽だけでなく歴史あるものが町中にある、残されているという事は、この町の人々がそれを大事にしているのだと思います。

目まぐるしい早さで新しいものが次から次へと出てくる日本から来ると、よりその様に感じるのかもしれません。樹々の成長のように長い時間をかけ、培われた歴史がある街にいると、時間の流れも空気の流れも、穏やかに感じるのでした。R0017374

sponsored link

 - クラシック, ベルリン, 音楽

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

どうしようもない私がドイツで生活し始めてしまった話①

2014年の秋、私はワーホリを使ってドイツに渡った。ドイツ語はほとんど喋れなかっ …

ベルリンに来て気づいた10の事 

ベルリンに来てまだ2ヶ月弱なので、まだ分からない事だらけです。しかし日本から来て …

ドイツのワーキングホリデー

ベルリンに来て今週半ばでちょうど1ヶ月が経ちました。節目の週でもあるので、現在私 …

ベルリンへ

Contents1 ワーキングホリデーでベルリンへ2 ベルリンフィルのランチコ …

東京からベルリンへの航空券

10月に日本からベルリンへ来る際に、今回私は「ターキッシュエアラインズ」を使用し …

ターキッシュエアラインズを利用して 成田ーベルリン間

前回のブログで、片道航空券を買った経緯などを書きましたが、今回は実際ターキッシュ …

ベルリン・フィルハーモニー ランチコンサートへ

気がつくと10月の残りわずか。そしてベルリンに来てからあっという間に1週間が経ち …

音楽の溢れるマウアーパーク

先週末にベルリンのMitte地区にあるマウアーパーク(Maurepark)に行っ …

どうしようもない私がドイツで生活し始めてしまった話②

Contents1 思い返すと無謀な事ばかりしてました1.1 何がともあれベルリ …

Jazz Fest Berlin

10月30日から4日間に渡って、ベルリンでは’’Jazz Fest Berlin …