Manablick

オーストリアのビオワイン農家に嫁いだ元ピアノ講師、高田マナのブログ

*

どうしようもない私がドイツで生活し始めてしまった話②

   

思い返すと無謀な事ばかりしてました

海外で暮らしてみたい、という強い欲求に突き動かされて何も考えずに日本を飛び出してしまった私。この先どうなるか全く不透明だったけれど、不思議とあまり不安はなかった。たった2年程前の事だけれども、今思うと怖いもの知らずだったと思う。だって現地の言葉は話せないし(英語は日常会話程度は出来たけど)’’これ’’ と言った明確なプランも無かったのだから。

どうしてかは上手く説明は出来ないけれど、とにかく’’異文化の中で生活してみたい’’ ‘’外から日本を見てみたい’’という欲求が非常に強かったのだと思う。

何がともあれベルリンに来ちゃった

日本で家族や友人達にお別れを言って、飛行機に乗ると、何とも言えない不思議な気持ちがした。トルコのイスタンブールを経由してベルリンに着くと、兄夫婦が迎えに来てくれていた。やれやれ、とほっとした。

それまでずっと実家暮らしだった私にとって、それが始めて親元を離れて暮らす事になった。始めはとても面白かった。なにしろどこに行っても新鮮、全てが新しいのだ。

呑気な私だったが、ちょっと焦り始めた..

しかし少しすると、兄夫婦と彼らの友人以外全く友達がいないので、何とも言えない寂しい気持ちになった。語学学校に行けばきっと友達が出来るであろうと思っていたので、すぐにでも通いたかったのだけれども、行きたかった公立の語学学校は何と2ヶ月半程先まで空きが無かったので仕方なくそれまで待つ事にした。今思えば、安い私立の学校でも探して行けば良かったと思う。

この点から見ても私は本当に無計画なのである。日本にいた時も無計画な人生を送っていたのだけれど、自分の国だとどうにかなってしまっていた。しかも実家暮らしだったので、さらにどうにかなってしまっていたのだ。

生温い環境だと気付かなかった事

新しい生活を求めてドイツに行ったのだけれど、そこで私は自分が如何に先の事をきちんと考えない人間かと言う事を思い知った。ドイツに来るまで私は、きちんと物事を考えるという行為を恐らくした事がなかったのだ。よく考えると非常に危険で恐ろしい事である。それまで日本で私が暮らしていた環境が甘えられる条件がバッチリ揃っていたのだ。そのまま日本にいたら、私の場合は本当に考えるという事をしなかったと思う。

無鉄砲だったけれど、それまでいた環境から飛び出して本当に良かったと思う。

 - ベルリン, ワーホリ, 人生

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
家族が増えました

赤ちゃんが産まれ、家族が増えました   題の通りですが、3月の終わりに …

どうしようもない私がドイツで生活し始めてしまった話③

Contents1 ドイツに来て半年経ち、急に音楽の道には進まない事に決めた1. …

オーストリアへ来た経緯〜ホイリゲへ嫁ぎました

オーストリアに引っ越してから約一ヶ月が経ちました。この一ヶ月の中で起こった一番大 …

ドイツ、オーストリアの窓からの景色

↑初めて住んだベルリンの家。というか兄夫婦の所に居候させてもらった。 ベルリン、 …

音楽と私との新しい関係

小さな図書室には会議室の様に机と椅子が並べられてあり、壁一面にぐるりと部屋いっぱ …

ベルリンの語学学校で過ごす日々は刺激的

前回ブログを更新してから3ヶ月ほど経ってしまいました。ここ数ヶ月は、ドイツ語の試 …

ドイツのワーホリはどんなだったか ①

年が明けて2016年になりました。一年って早いものですね。昨年秋まで私はワーホリ …

ワイン畑で早春を感じる

オーストリアの冬は暖かいと油断していたら、2月の下旬になってドカンと雪が降りまし …

Jazz Fest Berlin

10月30日から4日間に渡って、ベルリンでは’’Jazz Fest Berlin …

12月のベルリン

ベルリンは雨が多い街なのか、今週は雨ばかり降ります。もう少し寒ければ雪になるので …